パワー・ハラスメント防止研修|研修内容

パワー・ハラスメント防止研修

パワー・ハラスメント防止研修

準備中です。

  • 役職者

研修プログラム

①トレーニングシート
②パワーハラスメント危険度チェック

■ タイムテーブル【役職者向け】

時刻 学習テーマ・進め方 指導の目的
0:00 1 パワーハラスメントの基礎知識

【講義】 * 社会におけるパワーハラスメントの状況
* パワハラはなぜよくないか
* パワハラの定義
【演習】 グループディスカッション : 「ハラスメントの判別」
◇ テーマ:「この言動はパワハラとなるか?」
◇ いくつかの例題について、パワハラに該当するか否か、その理由を検討する演習
【進行】 討議 → G代表者発表 → 講師コメント
2 パワハラの正しい理解

【講義】 * 相手がパワハラと感じたらパワハラか? 
* 「業務の適正な範囲」を明らかにする
* パワハラと指導との違い
【演習】 グループディスカッション : 「適正な範囲の検討」
◇ どのような言動が、自組織において『業務の適正な範囲』を超えるかを検討する演習
【進行】 討議 → G代表者発表 → G数×1事例繰り返し
3 パワハラの発生原因
【演習】 グループディスカッション : 「意見交換」
◇ パワハラの発生原因を、個々人の特性と決めつけず、幅広く考えてみる演習
◇ 講師は発表を、以下の【講義】に結びつける
【進行】 討議 → G代表者発表
【講義】 * 行為者の原因(使用教材②)
     * 職場の原因
4 パワハラ予防への取り組み
【演習】 グループディスカッション : 「パワハラ予防の心がまえ」
◇ ここまでの学習内容をもとに、パワハラを起こさないための“心がまえ”を検討する演習
【進行】 討議 → G代表者発表 → 講師コメント
5 信頼されるリーダーであり続けるために

【講義】 * 人との問題は先ず自分を顧みる
4:00 終了

■ タイムテーブル【全社員向け】

時刻 学習テーマ・進め方 指導の目的
0:00 1 ハラスメント“予防”への認識

【講義】 * 社会のハラスメント状況
2 パワーハラスメントへの理解

【講義】 * パワーハラスメントの定義
【演習】 グループディスカッション : 「ハラスメントの判別」
◇ テーマ:「この言動はパワハラとなるか?」
◇ いくつかの例題について、パワハラに該当するか否か、その理由を検討する演習
【進行】 討議 → G代表者発表 → 講師コメント
【講義】 * パワハラの要因
* パワハラ予防の心がまえ
3 セクシュアル・ハラスメントへの理解
【演習】 グループディスカッション : 「経験分析」
◇ テーマ:「セクハラではないかと感じた場面」
◇ 各人が体験した、あるいは見聞きしたことから、セクハラであると感じた事例、その理由を考える演習
◇ 講師は発表を、以下の【講義】へ連結する
【進行】 討議 → G代表者発表
【講義】 * セクシュアル・ハラスメントの定義
* セクハラ、誰もが陥る可能性
◇ セクシュアル・ハラスメント危険度チェック(使用教材②)
* セクハラを起こさないための心得
4 マタニティハラスメントへの理解

【講義】 * マタニティハラスメントの定義
5 ハラスメントのない職場を目指して
【演習】 グループディスカッション : 「振り返り」
◇ テーマ:「職場でのハラスメントを予防するためにできること」
(1) 自分が起こさないために
(2) 職場での発生を防ぐために
【進行】 討議 → G代表者発表 → 講師コメント
【講義】 * 未来の入職者の働きがいまでを見据える
3:00 終了

■ タイムテーブル【相談員向け】

時刻 学習テーマ・進め方 指導の目的
0:00 1 ハラスメント“予防”への認識

【講義】 * ハラスメントの定義
* 社会のハラスメント状況
2 相談を受ける際の心がまえ

【講義】 * 相談対応の基本姿勢
* 基盤となる、聞く・聴く・訊く力
【演習】 グループワーク : 「聴く・訊くトレーニング」
◇ 講師の指示により、体感をしながら聴き方・訊き方を高めるペア演習
【進行】 ペア実践 → 振り返り
3 相談対応の実際

【講義】 * ハラスメント相談の流れ
* 全身で傾聴する 
* 上手な質問の仕方
【演習】 代表演習 : 「相談対応の実際」
◇ 講師を相手とした代表演習をもとに、受講者全員で相談対応のポイントを検討する演習
◇ 相談者役の講師が相談を持ちかけ、代表者が相談対応
◇ 演習終了後、観察者が批評をおこない、よりよい対応法を検討する
【進行】 代表者実践 → 振り返り → 講師コメント
→ 数名繰り返し
4 ハラスメントのない職場を目指して

【講義】 * 未来の入職者の働きがいまでを見据える
3:00 終了

関連キーワード

お問い合わせ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

contact

メールでのお問い合わせ

03-5777-1874

話受付時間 09:00~18:00
(土日祝祭日は休み)

ご利用ガイド初めての方へご利用ガイド

ご利用ガイドでは、研修までの流れや費用について案内します。ご要望をヒアリング後、オリジナルの研修を提案します。

多角的に
人材教育をおこないたい!

オプションサービス

▶ 数値化した診断書と報告書
▶ オリジナルテキスト作成
▶ 講師事前面談

Humanity Kindness Communication 当社の強みをご紹介