パワー・ハラスメント防止研修|研修内容

パワー・ハラスメント防止研修

パワー・ハラスメント防止研修

パワー・ハラスメントの定義理解と合わせ、発生原因、発生を未然に防ぐコミュニケーションスキルまでを総合的に学びます。

  • 後輩や部下を持つ人が対象です。係長などの監督職、課長~部長などの管理職、役員などの経営者まで幅広く参加できます。

研修のポイント

最新のパワー・ハラスメントの情報や、基本的な解釈を知ることができるのはもちろんのこと、いわゆる「グレーゾーン」についても考察し、「パワハラと感じたらパワハラ」という捉え方を検証していきます。これにより、何が自社・自部署にとってのパワハラなのかをつかむことができます。
また、パワハラの原因を個人に限定せず、職場にまで広げて考えることで、防止への意識が強化されます。
その上で、部下とのコミュニケーションのとり方を考えていきます。これにより、部下にパワハラと思われたくないので叱れないなどといった、然るべき指導への躊躇をなくすことができます。
パワー・ハラスメントはコミュニケーションの問題であるという真の意味が理解できる研修です。

研修プログラム

【人数】
30名まで
【使用教材】
①トレーニングシート
②パワーハラスメント危険度チェック

※ オンライン研修やビデオ研修ではプログラム内容が異なる場合がございます

■ タイムテーブル【午前】

時刻 学習テーマ・進め方 指導の目的
9:00 1 パワーハラスメントの基礎知識

【講義】 * 社会におけるパワーハラスメントの状況
* パワハラはなぜよくないか
* パワハラの定義
◆認識と知識の整え
【演習】「ハラスメントの判別」
◇ テーマ:「この言動はパワハラとなるか?」
◇ いくつかの例題について、パワハラに該当するか否か、その理由を検討する演習
【進行】 討議 → G代表者発表 → 講師コメント
◆パワハラの具体化
2 パワハラの正しい理解

【講義】 * 相手がパワハラと感じたらパワハラか? 
* 「業務の適正な範囲」を明らかにする
* パワハラと指導との違い
◆認識の更新
【演習】 グループディスカッション : 「適正な範囲の検討」
◇ テーマ:「どのような言動が、自組織において『業務の適正な範囲』を超えるか」
◇ 以下の手続きで進める
(1) これまでに見聞きした中でパワハラが疑われる事例抽出
(2) 各G、1~2事例発表
(3) 各Gの発表事例が、パワハラにあたるかどうかをG内で検討
【進行】 討議 → G代表者発表 → G数分
◆前段講義の現実化
3 パワハラの発生原因
【演習】「意見交換」
◇ パワハラの発生原因を、個々人の特性と決めつけず、幅広く考えてみる演習
◇ 講師は発表を、以下の【講義】に結びつける
【進行】 討議 → G代表者発表
◆課題発見
12:00 【講義】 * 行為者の原因
     * 職場の原因
◆理解の深化

■ タイムテーブル【午後】

時刻 学習テーマ・進め方 指導の目的
13:00 4 パワハラ予防への取り組み
【演習1】「パワーハラスメント危険度チェック」
◇ 自分に内在する危険度を確かめる演習
◇ 使用教材②
【進行】 個人作業 → G内交換
◆自己理解
【演習2】「パワハラ予防の心がまえ」
◇ ここまでの受講内容をもとに、パワハラを起こさないための“心がまえ”を検討する演習
【進行】 討議 → G代表者発表 → 講師コメント
◆予防の心得
5 パワハラと感じさせない叱り方

【講義】 * 話すことへの勇気
* 叱る者としての心得
* 効果的な叱り方
◆“指導”への正しい理解
◆方法論の習得
【演習】 「部下のタイプ別、叱り方の検討」
◇ 講師が提示する部下に対して、正しい叱り方を検討する演習
例)同じ失敗を繰り返す部下、言い訳を繰り返す部下、
新入社員(職員)    
【進行】 討議 → G代表者発表 → 講師コメント
◆方法論の拡充
【演習】「叱ることの実践」
◇ 架空の部下を想定し、その部下を“指導”する演習
◇ 各々が部下の設定をおこなった上で開始する
(1)部下の年齢や性格 (2)仕事上の長所、強み
(3)つまずいていること (4)その理由
◇ 指導者役は、部下役から設定を聞いた上で、指導を始める
【進行】 G内実践 → 振り返り → G人数分繰り返し
◆上司役と部下役両方の体験
6 “叱る”から“考えさせる”へ

【講義】 * 聞くことの意義
* 大切な傾聴姿勢
* 効果的な質問の種類
◆指導スキルアップ
7 信頼されるリーダーであり続けるために

【講義】 * 人との問題は先ず自分を顧みる
◆職場活動への連結
17:00 終了

お問い合わせ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

contact

メールでのお問い合わせ

03-5777-1874

電話受付時間 9:30~17:30
(土日祝祭日は休み)

ご利用ガイド初めての方へご利用ガイド

ご利用ガイドでは、研修までの流れや費用について案内します。ご要望をヒアリング後、オリジナルの研修を提案します。

多角的に
人材教育をおこないたい!

オプションサービス

▶ 数値化した診断書と報告書
▶ オリジナルテキスト作成
▶ 講師事前面談

Humanity Kindness Communication 当社の強みをご紹介
自治体特化型 教育動画サービス 自治体特化型 教育動画サービス