コーチング研修|研修内容

コーチング研修

コーチング研修

・部下、後輩育成に不可欠なコーチング手法が習得できます
・ご自身のコミュケーションスキルの向上に役立ちます

  • ・指導的立場にある方
    ・マネジメント活動に関わっている方

研修のポイント

ビジネス社会では指導者には指示命令的な指導スタイルと、部下後輩を支援する指導スタイルを保有することが不可欠と言われているようです。
指示命令的な指導スタイルの発揮には“ティーチング手法”が必要であり、支援的な指導スタイルには“コーチング手法”の必要です。この二つの指導手法の発揮が指導の確立を近づけます。
さらにコーチング手法には様々な効果が見込めます。部下後輩の自律的な変化が期待できます。ひいては、動機向上や成長軌道を高める機会にもなるでしょう。
話し方教育センターでは、短時間で指導を確立するためのコーチング方法を紹介しながら、“コーチングが出来るようになる”ことを目指しています。
指導者の皆さんにとって有効な指導手法を習得する良い機会になります。

研修プログラム

【人数】
30名まで
【教材】
①トレーニングシート

■ タイムテーブル【午前】

時刻 学習テーマ・進め方 指導の目的
9:00 1 コーチングの基本知識

【講義】 * コーチングとは
     * コーチングが活きる場面
     * コーチングの影響と効果
◆役割認識の強化
◆知識の習得
【演習】「コーチング・トレーニング1」
◇ テーマ:「質問型対話・評価型対話の体験」
◇ 数分間の、質問を意識した対話、評価を意識した対話を数回おこなうペア演習
◆基本スキルの体感
2 コーチングの流れ

【講義】 * オープニングからクロージングまで
     * ステップごとのポイント
◆スキル知識の習得
【演習】「コーチング・トレーニング2 -体験」
◇ テーマ:「問題解決コーチング」
◇ グループメンバーに対して、ステップを意識したコーチングを試みる演習
◆実践による体感
3 コーチに求められる姿勢

【講義】 * 人間成長のメカニズムを知る
     * コーチングの留意点
◆指導観の強化
◆知識の拡充
12:00 昼食・休憩

■ タイムテーブル【午後】

時刻 学習テーマ・進め方 指導の目的
13:00 4 効果的な質問の技法

【講義】 * 基盤となる人間関係
     * 安心感をつくる傾聴姿勢
     * 目的に応じた質問の種類
◆スキル知識の拡充
【演習】「コーチング・トレーニング3 -反復」
◇ テーマ:「コーチングによる指導」
◇ ここまでに習得した知識・手法を動員し、部下の問題解決を、コーチ役、部下役、観察者を交代しながら進める演習
◆シミュレーション
◆相互啓発
【演習】「目標達成へのコーチング」
◇ 進捗が遅れた部下を、目標達成に向かわせるコーチング演習
◇ グループをひとつの課と見立て、上司役・部下役を交代しながらコーチングをおこなう
◆総合演習
◆相互啓発
5 さらにコーチングスキルを高めるために

【講義】 * 指導者に必要な意識とは
◆自己啓発への導き
17:00 終了

関連研修

  • OJT研修、聞き方研修・目標管理研修

お問い合わせ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

contact

メールでのお問い合わせ

03-5777-1874

話受付時間 09:00~18:00
(土日祝祭日は休み)

ご利用ガイド初めての方へご利用ガイド

ご利用ガイドでは、研修までの流れや費用について案内します。ご要望をヒアリング後、オリジナルの研修を提案します。

多角的に
人材教育をおこないたい!

オプションサービス

▶ 数値化した診断書と報告書
▶ オリジナルテキスト作成
▶ 講師事前面談

Humanity Kindness Communication 当社の強みをご紹介