人事考課研修(被評価者)|研修内容

人事考課研修(被評価者)

人事考課研修(被評価者)

  • 被評価者(一般社員)

研修プログラム

①トレーニングシート
②人事考課マニュアル

■ タイムテーブル【午前】

時刻 学習テーマ・進め方 指導の目的
9:00 1 人事考課をどうとらえるか

【講義】 * 本来、人事考課がめざすもの ~その目的と意義
* 業績評価の位置づけ
2-1 目標設定の具体1

【講義】 * 目的と目標の違いを踏まえる、とは
* 目標ターゲット(目標核)の定め方
【演習】 個人→グループワーク : 
「目標設定トレーニング ~目標核の検索」
◇ 担当業務の整理と分類をする中で、目標の元になる業務や作業を検索する演習
【進行】 個人検討 → G内相互評価 → 改善作業
2-2 目標設定の具体2

【講義】 * 目標設定の品質による全体への影響
* 好ましい目標設定の条件
~力を入れたい、定性化と定量化への努力
【演習】 個人→グループワーク :
「目標設定トレーニング ~目標化」
◇ テーマ:「自己目標の設定」
◇ 2-1【演習】で検索・作成した目標核に対して、“目標化”への加工を施す演習
◇ 設定した目標はGメンバーからの評価を受ける
【進行】 個人検討 → G内相互評価
12:00 昼食・休憩

■ タイムテーブル【午後】

時刻 学習テーマ・進め方 指導の目的
12:00 3 面談の意義と価値

【講義】 * 人事考課制度での面談の位置づけ
* 1対1の面談がもたらすもの
* 面談を受ける者としての心がまえ
 ~客観的自己理解への努力と発言する勇気
4 面談の受け方
【演習】 グループワーク : 「聞き方トレーニング」
◇ 評価者との対話を実践的に学ぶ演習
◇ 講師は、対話の内容を随時提示しながら、以下の【並行講義】について指導する
【進行】 シチュエーション提示 → G内実践
→ 講師解説による補完
【並行講義】 * 聞く・聴く・訊く基本的な方法
* 評価結果を聞き取る3原則
~客観的に、根拠を知る、対応法をつかむ
* プラス評価、マイナス評価への反応法
~受業スキルの活用
【演習】 ロールプレイング : 「面談トレーニング」
◇ テーマ:「評価結果の通知を受ける」
◇ G内で上司役と部下役を設定し、評価結果(講師が指示)を面談の席上で上司から聞き取る演習
◇ 評価結果は、部下の自己評価を上回るものと下回るものを講師が用意する
【進行】 講師による状況設定 → G内実践 → G内事後分析
→ 講師コメント → 時間内繰り返し
5 人事考課制度の活用
【演習】 グループディスカッション : 「学習ポイントの確認」
◇ 研修を振り返り、実践場面での押さえどころを話し合う演習
【進行】 討議
【講義】 * 担当業務に目標管理を適用する
* 制度を活用した自己成長への視点
17:00 終了

お問い合わせ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

contact

メールでのお問い合わせ

03-5777-1874

話受付時間 09:00~18:00
(土日祝祭日は休み)

ご利用ガイド初めての方へご利用ガイド

ご利用ガイドでは、研修までの流れや費用について案内します。ご要望をヒアリング後、オリジナルの研修を提案します。

多角的に
人材教育をおこないたい!

オプションサービス

▶ 数値化した診断書と報告書
▶ オリジナルテキスト作成
▶ 講師事前面談

Humanity Kindness Communication 当社の強みをご紹介