フォロワーシップ研修|研修内容

フォロワーシップ研修

フォロワーシップ研修

力のあるフォロワーを育てることで、リーダーの負荷を減らすことができると同時に、組織力の強化が実現できます。

  • 主に、課長をバックアップする課長補佐や、係長をフォローする主任など。さらに若手へのシフトも可

研修のポイント

なんといっても、受講者の立場・役割を明確にすることが大切です。たとえば、「課長補佐だが、係長と何が違うのか?」との迷いを持つ人は多く、その違いを明らかにすることによって、受講者の行動は具体化されるのです。
また、フォロワーとは単なる追随者ではありません。上司にとって耳に痛いような意見具申もフォロワーの腕の見せ所です。“腕”とは説得スキルであり、交渉スキルです。受講者は、未来の真のリーダーへの昇格をスムーズにすることでしょう。

研修プログラム

【人数】
30名まで
【教材】
①トレーニングシート
②トレーニングゲームの進め方
③表現検討シート

■ タイムテーブル【午前】

時刻 学習テーマ・進め方 指導の目的
9:00 1 フォロワーシップへの基礎知識

【講義】 * フォロワーシップとは何か
     * フォロワーシップを発揮することの大切さ
     * 期待される姿勢と行動
◆認識の強化
◆知識の習得
【演習】「意見交換」
◇ テーマ:「私の課の目的」
◇ 自分の課の、組織における存在意義を考え、それをグループメンバーと交換する演習
◆視座の高め
2 フォロワーとして知るリーダー活動

【講義】 * リーダーが担っていることとは
     * リーダーという“職位”への敬意
◆認識の強化
【演習1】「現状分析」
◇ 1【演習】に2【講義】を照らし合わせ、リーダーがおこなっていることを検討する演習
◆視野の拡大
【演習2】「課題の検討」
◇ テーマ:「フォロワーとしておこなうこと」
◇ 【演習1】をもとに、自分がフォロワーシップを発揮しなくてはならないことは何か検討する演習
◆発揮すべき言動、姿勢の検討
12:00 昼食・休憩

■ タイムテーブル【午後】

時刻 学習テーマ・進め方 指導の目的
13:00 【演習】「フォロワーシップの実践」
◇ “グループ対抗の論戦形式”で、フォロワーシップの発揮に挑戦する演習
◆体感による気づき
3 フォロワーシップを活かす表現力
【講義】 * リーダーとの対話の原則
     * 感化表現の活用
◆知識の拡充
【演習】「表現トレーニング」
◇ 配布される“表現検討シート(使用教材③)”に対し、上司に受け入れられる表現の仕方を検討する演習
◆体得知識の実践
4 フォロワーシップを活かす聞くスキル

【講義】 * リーダーや周囲の話を聞く姿勢
     * 質問の種類
◆知識の拡充
5 フォロワーシップを発揮するために
【演習】「行動目標の設定」
◇ 受講内容を振り返り、職場で実行する行動を明確にする演習
◆受講内容の定着
【講義】 * 日常で鍛えるフォロワーシップ
     * フォロワーシップとリーダーシップ
◆自己啓発への導き
17:00 終了

関連研修

  • リーダーシップ 報・連・相

関連キーワード

お問い合わせ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

contact

メールでのお問い合わせ

03-5777-1874

話受付時間 09:00~18:00
(土日祝祭日は休み)

ご利用ガイド初めての方へご利用ガイド

ご利用ガイドでは、研修までの流れや費用について案内します。ご要望をヒアリング後、オリジナルの研修を提案します。

多角的に
人材教育をおこないたい!

オプションサービス

▶ 数値化した診断書と報告書
▶ オリジナルテキスト作成
▶ 講師事前面談

Humanity Kindness Communication 当社の強みをご紹介