会議運営力向上研修|研修内容

会議運営力向上研修

会議運営力向上研修

  • 中堅、監督職、管理職

研修プログラム

①テキスト

■ タイムテーブル【午前】

時刻 学習テーマ・進め方 指導の目的
9:00 1 働き方改革への基本認識

【講義】 * 「働き方改革」とは何か
* 生産性を高めるもの
* 会議効率化という手段
【演習】 グループディスカッション : 「経験分析」
◇ テーマ:「会議における問題点」
◇ これまでに参加した会議の、進行や参加者の振る舞いについて、問題と感じた点を集める演習
【進行】 討議 → G代表者発表 
→ 講師集約(2【講義】に連結)
2 効率的な会議のポイント

【講義】 * 事前準備の重要性
* 大切な時間への意識
3 会議運営の基本

【講義】 * 司会者の心得
* 期待される管理項目
* 上手な発言の促し方
【演習】 ロールプレイング : 「パートトレーニング」
◇ 司会者としての指名・質問スキルを練習する演習
◇ 5~6名/G
◇ G内の1名が司会者、他メンバーが会議参加者となり、その役割交代をしながら進める
◇ 議題は、専門知識が必要ないものとする
(例)「最近の若者」についての考え
◇ 5分間/回
【進行】 G内実践 → 振り返り → 司会者を交代して繰り返し
12:00 昼食・休憩

■ タイムテーブル【午後】

時刻 学習テーマ・進め方 指導の目的
13:00 4 会議司会の進め方

【講義】 * オープニングからクロージングまでのステップ
* 困ったときの対処法
【演習】 ロールプレイング : 「会議運営トレーニング1」
◇ Gを一つの課と見立て、課内会議をおこなう演習
◇ 5~6名/G
◇ 1名が司会者を、1名が書記兼タイムキーパーを、残りのメンバーが参加者を担う
◇ 一回ごとに司会者を交代し、計3回の会議を開く
◇ 議題:「課に配属される、新入社員に教えること」
(例)時間管理のコツ、報連相の意義と方法
◇ 10分間/回
【進行】 G内実践 → 振り返り → 司会者を交代して繰り返し
5 全員で効率化へ向かう ~参加者としてのあり方

【講義】 * 参加者のルールとマナー
* 会議における発言の種類
* 通達性と感化性を高める
【演習1】 ロールプレイング : 「会議運営トレーニング2」
◇ 4【演習】とは議題を変えて、課内会議を3回おこなう演習
◇ 議題:「メンバーのスキル向上」
(例)電話応対、対面応対
【進行】 G内実践 → 振り返り → 司会者を交代して繰り返し
【演習2】 ロールプレイング : 「会議運営トレーニング3」
◇ Gを一つのプロジェクトチームと見立て、会議を開催する演習
◇ 司会者は立候補または他薦によって2名を選び、計2回の会議を開く
◇ 議題例:「組織改革」「職場の活性化」
◇ 20分間/回
【進行】 G内実践 → 振り返り → 司会者を交代して繰り返し
6 働き方改革実現に向けて

【講義】 * まとめ
17:00 終了

関連キーワード

お問い合わせ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

contact

メールでのお問い合わせ

03-5777-1874

話受付時間 09:00~18:00
(土日祝祭日は休み)

ご利用ガイド初めての方へご利用ガイド

ご利用ガイドでは、研修までの流れや費用について案内します。ご要望をヒアリング後、オリジナルの研修を提案します。

多角的に
人材教育をおこないたい!

オプションサービス

▶ 数値化した診断書と報告書
▶ オリジナルテキスト作成
▶ 講師事前面談

Humanity Kindness Communication 当社の強みをご紹介