話し能力開発研修|研修内容

話し能力開発研修

話し能力開発研修

話の感化性と通達性を高めようとする研修です。それによって、人間関係や業務コミュニケーションを円滑にします。

  • 制限なし

研修のポイント

相手の気持ちに沿って話せる、優しく話せる、深い話ができる、などの根源は、話し手の人間性や知性、品格の影響でしょう。この研修は、最終的には、それらの向上を促す性質を持っています。
さて、研修は、自分の発言の自分自身への影響を考え、レベルアップの必要性に気づきます。
次なるスキル学習では、対話、説明、スピーチなどの体験を通じて、講師からの個別アドバイスが得られます。
なお、この研修の受講効果は受講者の生活全般に及びます。「○○さんにも受けてもらいたい」との感想がもっとも多い研修です。

研修プログラム

【人数】
30名まで
【教材】
①トレーニングシート

■ タイムテーブル【午前】

時刻 学習テーマ・進め方 指導の目的
9:00 1 話し方への知識と認識

【講義】 * “好ましい話し方”の条件
     * 話し方によって達成できること
     * 話し方への基本知識~ 話の成立
◆動機の立ち上げと強化
◆知識の刷新と拡充
10:00 【演習】「優れた話し手から学ぶ」
◇ 仕事仲間を始め、友人や知人の話し方を思い出し、自分が考える“優れた話し手”の要素を抽出しあう。さらに、これを通じて、研修をきっかけにした“自分の強化ポイント”を整える演習
◆期待する姿のイメージ確立
◆受講目標の設定
11:00 2 表現・対話スキル

【講義】 * 対話、会話の展開方法
     * 感化表現の扱い方
◆知識の拡充
11:30 【演習】「意思表明トレーニング」
◇ 意見が異なるチーム同士での話し合いを体験、および見学する演習
1)ライフ優先チーム vs ワーク優先チーム
◆実践ポイントの獲得
◆あるべき姿の客観的な把握
【講義】 * 全身傾聴の方法
     * 質問の活用と方法
◆知識の更新
12:00 昼食・休憩

■ タイムテーブル【午後】

時刻 学習テーマ・進め方 指導の目的
13:00 【午前のつづき】「意思表明トレーニング」
2)品質優先チーム vs 時間優先チーム
3)やりがい優先チーム vs 収入優先チーム
◆実践ポイントの獲得
◆あるべき姿の客観的な把握
14:00 3 説明スキル

【講義】 * 説明者としての3つの心がまえ
     * 通達表現への取り組み
     * わかりやすい話の進め方
◆知識の更新
14:30 【演習】「説明の実際」
◇ テーマ:「担当業務の運営方法」
◇ グループメンバーを「自部署に移動してきた人々」と見立てて、仕事の進め方を説明する演習
◆PDCA演習
◆実践力の強化
◆説明機能の体感
15:15 4 説得への理解

【講義】 * 説得者としての心得
     * 人を動かす心理的メカニズム
     * 代表的な、説得の5大話法
◆知識の更新
15:45 【演習】「説得の実際」
◇ テーマ:「○○業務の担当を依頼する」
◇ 相手を後輩と見立てて、上記テーマを成功に導こうとする演習
◆PDCA演習
◆実践力の強化
◆説得機能の体感
16:45 5 さらに話す能力を高めるために

【講義】 * 広く周囲に関心を向ける
     * 人との問題は、まず自分を振り返る
◆日常生活とのリンク
◆自己啓発への導き
17:00 終了

お問い合わせ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

contact

メールでのお問い合わせ

03-5777-1874

話受付時間 09:00~18:00
(土日祝祭日は休み)

ご利用ガイド初めての方へご利用ガイド

ご利用ガイドでは、研修までの流れや費用について案内します。ご要望をヒアリング後、オリジナルの研修を提案します。

多角的に
人材教育をおこないたい!

オプションサービス

▶ 数値化した診断書と報告書
▶ オリジナルテキスト作成
▶ 講師事前面談

Humanity Kindness Communication 当社の強みをご紹介