職場コミュニケーション研修|研修内容

職場コミュニケーション研修

職場コミュニケーション研修

報・連・相を始めとした業務情報の共有と、生活の場としての人間関係について、その好ましいあり方を学習する研修です。

  • 制限なし
    (対象を限定してカスタマイズできます)

研修のポイント

このカリキュラムが扱う「コミュニケーション」とは、業務上の指示や休憩中の雑談など、多岐にわたるものをカバーしています。つまり、職場でのすべてのコミュニケーションは、自他共にとって何かしらの影響を与え、受けていることを意味します。
研修は、コミュニケーションの原理・原則への学習に始まり、相手心理の洞察方法や質疑応答の技術、会議での発言などに進みます。
受講者からは、「これまで意識していなかったが、あらためて(優れた)コミュニケーションの価値を自覚できた」との感想が寄せられる研修です。

研修プログラム

【人数】
16~28名
【教材】
①トレーニングシート
②GXツール一式

■ タイムテーブル【午前】

時刻 学習テーマ・進め方 指導の目的
9:00 1 職場コミュニケーションの基本

【講義】 *良好な組織活動は良好なコミュニケーションから
     * 職場コミュニケーションの障害となるもの
     * 保ちたい仕事への取り組み姿勢
◆認識の強化
【演習】「周囲との関わりを振り返る」
◇ 職場における自身の立場・役割に照らして、周囲とのコミュニケーションが良好に保たれているかを検証する演習
◆経験分析
2 チームに貢献するための考え方と行動

【講義】 * 創造的に取り組む
     * 報告・連絡・相談を確実におこなう
     * コスト意識を持つ
◆知識の拡充
12:00 昼食・休憩

■ タイムテーブル【午後】

時刻 学習テーマ・進め方 指導の目的
13:00 3 チーム作業の実際
【演習1】「GX(模擬チーム作業)」
◇ ばらばらに配られた部品をGごと、さらにクラス全体で完成させようとする演習
◇ 4G編成必須(4~7名/G)
◆疑似体験
【演習2】「GX(模擬チーム作業)の振り返り」
◇ 3【演習1】の自分とGの活動を、以下のポイントで振り返る演習
◆現実への置き換え
4 周囲に受け入れられる話し方

【講義】 * 聞き手を考えて話す
     * 表現の2大作用
◆知識の拡充
【演習】「職場メンバーへの依頼」
◇ 相手から快い承諾を得る、話し方の実践演習
◆シミュレーション
◆相互啓発
【演習】「目標設定」
◇ 研修から得たことを整理し、今後実践することを明確にする演習
◆受講内容の定着
5 さらなる職場貢献をめざして

【講義】 * 広く周囲に関心を向ける
◆職場活動への連結
17:00 終了

関連研修

お問い合わせ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

contact

メールでのお問い合わせ

03-5777-1874

話受付時間 09:00~18:00
(土日祝祭日は休み)

ご利用ガイド初めての方へご利用ガイド

ご利用ガイドでは、研修までの流れや費用について案内します。ご要望をヒアリング後、オリジナルの研修を提案します。

多角的に
人材教育をおこないたい!

オプションサービス

▶ 数値化した診断書と報告書
▶ オリジナルテキスト作成
▶ 講師事前面談

Humanity Kindness Communication 当社の強みをご紹介