キャプテンシー研修|研修内容

キャプテンシー研修

キャプテンシー研修

現場のトップを意味するキャプテン。ときにはみずからも一人のプレイヤーとして活動しながらチームをまとめる力を高めます。

  • 主に、主任、係長等の現場リーダー

研修のポイント

係長/現場監督という肩書きを持っているにも関わらず、プレイヤーとしての活動ばかりに取り組んでいたり、管理職の指示を待つばかりで、現場リーダーとしての機能がなされなかったりと、キャプテンとしての本来の姿を表しきれていないことへの問題を提起します。
また、この研修を開発する際、専用のトレーニング実習を開発しました。チームをまとめる疑似体験と複数業務を差配する指示出しの訓練ができます。
「リーダーシップ研修のターゲットが広すぎる」とお考えの企業・団体に最適です。

研修プログラム

【人数】
30名まで
【教材】
①トレーニングシート
②分析シート
③MMM演習セット一式
④MMM振り返りシート

■ タイムテーブル【午前】

時刻 学習テーマ・進め方 指導の目的
9:00 1 組織に求められるキャプテンシー

【講義】 * キャプテンシーとは何か
     * キャプテンに求められる意識と行動とは
     * 基盤となる人間関係
◆あるべき姿の理解
【演習】「キャプテンシーの自己分析」
◇ 自分のキャプテンシーを、採点方式で振り返る演習
◆現状把握
【演習】「上司が自分に求めているキャプテンシーとは」
◇ 自己分析結果を持ち寄り、上司から期待されている意識、行動とは何かを言語化する演習
◆あるべき姿の描画
【演習】「メンバーが自分に求めているキャプテンシーとは」 
◇ 自己分析結果を持ち寄り、職場メンバーから期待されている意識、行動とは何かを言語化する演習
◆あるべき姿の描画
2 キャプテンとしての見る・聞く・話す能力

【講義】 * 観察力がコミュニケーションの基盤
     * 聞くことの効用
     * 感化表現の活用
◆知識の習得
12:00 昼食・休憩

■ タイムテーブル【午後】

時刻 学習テーマ・進め方 指導の目的
13:00 3 キャプテンシーを強める指示スキル

【講義】 * キャプテンに期待される指示のレベル
     * 効果的な指示の出し方
     * 指示を劣化させる心理とは
◆知識の拡充
【演習】 ロールプレイング : 「指示トレーニング」
◇ グループメンバーを職場メンバーと想定し、指示を出す演習
◆体験による実践ポイントへの気づき
◆実践力の向上
4 キャプテンとしてのチーム統率
【演習】「キャプテン&プレイヤー両立の実際」
◇ テーマ:「メニー・ミッション・マネジメント(MMM)」
◇ 次々に発生する業務を、いかにマネジメントするかを体感する演習
◆学習内容と現実との連結
◆集団作業のメリット/デメリットの把握
◆キャプテンシー発揮場面と発揮能力の確認
【講義】 * プレイヤーとキャプテンシーを両立させるコツ
     * 複数メンバーを円滑に動かす条件
     * 上位階層への報告タイミングと報告内容
◆知識の拡充
【演習】「キャプテンシーを強めるために」
◇ 研修内容を振り返り、明日からの行動目標をたてる演習
◆受講内容の定着
5 よりすぐれたキャプテンをめざして

【講義】 * 広く周囲に学ぶ姿勢
◆職場活動への連結
17:00 終了

関連研修

  • リーダーシップ

お問い合わせ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

contact

メールでのお問い合わせ

03-5777-1874

話受付時間 09:00~18:00
(土日祝祭日は休み)

ご利用ガイド初めての方へご利用ガイド

ご利用ガイドでは、研修までの流れや費用について案内します。ご要望をヒアリング後、オリジナルの研修を提案します。

多角的に
人材教育をおこないたい!

オプションサービス

▶ 数値化した診断書と報告書
▶ オリジナルテキスト作成
▶ 講師事前面談

Humanity Kindness Communication 当社の強みをご紹介