指導の受け方研修|研修内容

指導の受け方研修

指導の受け方研修

指導を受ける際の姿勢づくりや、具体的な行動まで、OJTトレーナーの指導効果をさらに向上させるための研修です。

  • ・指導を受けている方
    ・新しく会社に入社した方

研修のポイント

多くの組織は、人材の成長の質や速度を高める意図を持ちOJT(オンザジョブトレーニング)制度を運用しています。しかし、どちらの組織においても、指導に費やす時間が確保しにくい現実があるようです。多くの組織では、限られた時間の中でどれだけ効果のあるOJTを実現するか喫緊の課題とし、解決に頭を悩ませています。組織や指導者側の努力だけではOJTの確立が望めない時代になっているのです。

話し方教育センターでは、OJTの確立には被指導者の“指導を受ける姿勢や行動が重要”と位置付け、指導の受け方研修をお客さまに提供しています。採用くださった取引先先では、「指導者が指導しやすくなっている」、「新人の指導の受け方に変化があり、効率的に指導が出来ている」との声をいただいています。
いまOJTをどのように動かしていこうかと考えている方々には、最適な研修になります。

研修プログラム

【人数】
30名まで
【教材】
①トレーニングシート

■ タイムテーブル【午前】

時刻 学習テーマ・進め方 指導の目的
9:00 1 指導を受ける心得

【講義】 * OJTの目的
     * 指導から得られる宝
     * 指導者の心理を変えるもの
◆認識の理解
【演習】「指導を受ける際に心がけてきたこと」
◇ これまでの“一対一で人から教えてもらった経験”を振り返り、指導を受ける際の姿勢、コミュニケーションにおいて心がけてきたことを集める演習
◆経験分析によるポイント抽出
2 受業効果をあげる聞き方

【講義】 * 聞くことと人間成長
     * 全身傾聴の実践
◆基盤の理解
【演習】「傾聴トレーニング」
◇ 講師の指示により、傾聴効果を体感する演習
◆意義の実感
◆スキル向上
12:00 昼食・休憩

■ タイムテーブル【午後】

時刻 学習テーマ・進め方 指導の目的
13:00 3 説明の受け方

【講義】 * 指導者の不完全にも対応する方法
     * 好ましい質問のしかた
◆知識の拡充
【演習】「業務説明を受ける」
◇ 上司役の講師・グループメンバーから説明を受ける演習
◆前段講義の実践・体得
4-1 評価の受け方 ~ほめられたとき

【講義】 * 指導者がほめる目的とは
     * 成長・向上の材料が得られるほめられ方
◆知識の拡充
【演習】「高評価を受ける」
◇ グループメンバーから、実際の高評価を受ける演習
◆前段講義の実践・体得
4-2 評価の受け方 ~叱られたとき、注意されたとき

【講義】 * 指導者が叱る目的とは
     * 改善方法を得る叱られ方
◆知識の拡充
【演習】「低評価、注意、叱責を受ける」
◇ 任意の受講者が、上司役の講師から叱られる演習
◇ 代表演習終了後、観察していた受講者は、叱られ方について検討する
◆前段講義の実践・体得
5 受業効果を高める対話のしかた

【講義】 * 優れた対話の条件
     * わかりやすく、感じよく話すために
◆知識の拡充
【演習】「対話トレーニング」
◇ 指導者と自分とで考えが異なる事がらについて対話する演習
◇ テーマは、研修内容に抵触しない一般的なこととする
◆シミュレーション
6 さらなる自己成長をめざして

【講義】 * 広く周囲に関心を向ける
◆職場活動への連結
17:00 終了

関連研修

関連キーワード

お問い合わせ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

contact

メールでのお問い合わせ

03-5777-1874

話受付時間 09:00~18:00
(土日祝祭日は休み)

ご利用ガイド初めての方へご利用ガイド

ご利用ガイドでは、研修までの流れや費用について案内します。ご要望をヒアリング後、オリジナルの研修を提案します。

多角的に
人材教育をおこないたい!

オプションサービス

▶ 数値化した診断書と報告書
▶ オリジナルテキスト作成
▶ 講師事前面談

Humanity Kindness Communication 当社の強みをご紹介