話し方教育センターの事例と実績

オンライン研修の有効性を実感しました!

業種 行政・民間・福祉 従業員数 300~1000人

課題

■ 必要性が理解しているが、オンライン研修の実施がないので不安がある

■ 受講者PCやネット環境の整備が追い付いていない

■ なにをしたらよいかわからない

■ オンライン研修は費用が高くなりそう

row

提案や研修内容

■ zoomを使用し、オンライン研修を実施することが推奨しています。
  お客様のご要望に合わせ、teams、Skype、webex等、様々なツールで実施可能でございます。

■ 研修当日に混乱することのないよう、事前の接続テストをおこないます。

■ 話し方教育センターで実施しているテーマはすべてオンライン化可能でございます。

■ 講師対受講者のロールプレイング、グループディスカッションも実施可能でございます。

■ 受講人数分のPCがなくても、実施は可能です。

■ インターネットを使用できるPCのレンタルもおこなっています。

■ 費用は、訪問研修と大きく変動しません。

■ 研修当日は、アシスタントが終日サポートにつきますので、運営は安心してお任せください。

■ 研修開始の1時間以上前から接続して、受講者をお待ちいたします。

■ 受講者への操作説明等もアシスタントがおこないます。

■ 研修開始のオリエンテーションのみ、お願いいたします。

row

お客さまからの声

■ 対面している、していないの違いだけで、通常の研修とほとんど変わらなかった。

■ ソーシャルディスタンスや3密を気にしながら対面研修を実施するより、受講者がのびのび演習に取り組んでいた。

■ 事前接続から研修当日まで手厚くサポートしていただいたおかげで、負担がほとんどなかった。

■ 対面研修にはない緊張感があり、「さぼらせない研修」を実現できた。

■ プロジェクターに講師の映像を映し、それを一つの会場で受講者全員が見ることでもオンライン研修は実現できた。
  受講人数分のPCを用意しないでできるんだという非常に大きな気づきがあった。

担当講師からのコメント!

講師も事前の接続テストをおこなっているため、研修開始に戸惑うことはありません。
通常の研修とは雰囲気が違ったり、リアクションを察知することも難しいので、挙手で返事をしてもらったりと工夫をしました。
講師の工夫だけでは完璧ではありませんから、受講者の協力を得て、オンライン研修は対面研修と同様のクオリティにつながると感じています。
グループディスカッションやロールプレイングも、オンライン仕様に組み替えて実施していますから、活発に参加してくれています。
休憩時間に、受講者自身が捜査して、ほかの受講者と話をしている場面も多く見受けられました。
今のご時世、周りを気にせずコミュニケーションをとれるのはオンラインのみかもしれません。

お問い合わせ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

contact

メールでのお問い合わせ

03-5777-1874

電話受付時間 9:30~17:30
(土日祝祭日は休み)

ご利用ガイド初めての方へご利用ガイド

ご利用ガイドでは、研修までの流れや費用について案内します。ご要望をヒアリング後、オリジナルの研修を提案します。

多角的に
人材教育をおこないたい!

オプションサービス

▶ 数値化した診断書と報告書
▶ オリジナルテキスト作成
▶ 講師事前面談

Humanity Kindness Communication 当社の強みをご紹介
自治体特化型 教育動画サービス 自治体特化型 教育動画サービス