話し方教育センターの事例と実績

自分自身の言動を振り返るきっかけになりました。

業種 建設系 従業員数 1200名

課題

■「あの仕事、まだ終わらないの?」「今日の残業、お願いできる?」、…何を言っても
 ハラスメントと言われそうで、コミュニケーションが希薄になっている
■若い社員が「あれってハラスメントじゃないですか?」と言ってくる
■本当にハラスメントなのかわからないまま、社内で良くない噂が流れてしまう

row

提案や研修内容

■日々ハラスメントのニュースが報道されています。だからといって、社内のコミュニケー
 ションが希薄になってはいけません。
■ハラスメントには、定義があります。定義をしっかり理解することによって、ハラスメントに
 怯える必要がなくなりますので、日頃のコミュニケーションがより円滑になるでしょう。
■全社員に対し、職層別に「ハラスメント防止研修」を実施

row

お客さまからの声

■一部に実在したパワハラ、セクハラ発言がなくなった
■全員がハラスメントに対し、同一の意識を持つことができたため、若い社員からの
 ハラスメントの指摘は格段に減った
■日頃からコミュニケーションをしっかりとっていく意識が芽生えたので、社内の雰囲気も
 良くなったように感じる

担当講師からのコメント!

事前の情報の通り、上司と部下の間のパワハラ、セクハラの概念には大きな差がありました。ですから、講義での反応は、「え?」という驚きであったり、「へぇ~」という感心が多かったのです。
今後も努力してもらいたいのは、「ハラスメントを認定するのは相手」という現実に対するコミュニケーションスキルの向上です。どれほどハラスメントの知識を万全にしたところで、日常会話が相手を傷つけているようなものであれば、「ハラスメント!」といわれる範囲が拡がってしまうからです。

お問い合わせ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

contact

メールでのお問い合わせ

03-5777-1874

話受付時間 09:00~18:00
(土日祝祭日は休み)

ご利用ガイド初めての方へご利用ガイド

ご利用ガイドでは、研修までの流れや費用について案内します。ご要望をヒアリング後、オリジナルの研修を提案します。

多角的に
人材教育をおこないたい!

オプションサービス

▶ 数値化した診断書と報告書
▶ オリジナルテキスト作成
▶ 講師事前面談

Humanity Kindness Communication 当社の強みをご紹介